読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

森本と高橋の小指骨折を冷静に考えてみた

プロ野球 日本ハム

守備(今年はファーストも)打撃の中心だった高橋信二選手がデッドボールを受け、小指を骨折したときは「コノヤロー!!」と頭に血が上りました。ご存知の通り、数日前にも森本ひちょり外野手がデッドボールで同様に小指を骨折していたからです。
感情的になりがちな私は、時間をおいてこの意味を考えました。たいした結論ではないのですが…。
もう、これは「日ハム強い!」という認識がパリーグ、球界全体に広まったからではないかと。
ピッチャーの誰もが好きこのんでボール球を投げたくないし、体に近い内角高めを投げることは尚更のこと。でも抑えるにはしかたがないもので。
日ハム打線はホームランこそ少ないものの、シングルヒットで出たランナーは、内野ゴロを含めあらゆる手段で進塁させ、気づいたらなぜか点が入っているという摩訶不思議打線です。内野ゴロだけで2点をもぎ取った試合もありました。ランナーを出塁させるだけでもかなり危険なのです。阪神の金本に頭部デッドボールを与えてしまった巨人木佐貫投手のような気持ちを持っていたのではと、勝手に拡大解釈しています。

話変わります。
手前みそですが、デッドボールを受けてもピッチャーに詰め寄らず、あわや乱闘というものも起こさない日ハムチームはとてもエライと思います。王者の風格漂う紳士的行為です。また、アクシデントで戦力を奪われても敵を責めることなく、「残っているメンバーで何とかする」と口を揃えて言う選手たち(外国人選手も同様のコメント)も達観しています。

これから厳しいところに投げざるを得ない打線を持っているのは何と言っても西武ライオンズです。大久保コーチがどう指導したのかは知りませんが、ホームラン量産の強力打線に仕上がっています。交流戦中はセリーグも必死に抑えにかかるでしょう。西武打線を止めないことにはリーグ優勝は見えてきません。