読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グーグルストリートビューと世界遺産白川郷

雑感

私はグーグルストリートビューが嫌い。この嫌いな感覚は、過去に経験した何かに似ていると感じていたがなかなか見つからなかった。で、結論に至った。
それは合掌造りで知られる世界遺産白川郷での出来事である。

大学のゼミ合宿で不本意ながら行くことになった(論文発表で疲れてたし)。合掌造りの町並みなので、当然住宅街なのだ。しかし、住宅街には不釣り合いな大型バス用の駐車場があり、川はこれでもかといわんばかりの人工護岸。そして狭い道を数百人という観光客が闊歩している。ここまでは想定内だったので我慢してゼミの道中につきあった。

私は世界遺産となった悲しみを目撃してしまった。我慢も限界に達した。

ああそうとも合掌造りだ。あの赤いのは郵便受けではないか。少し上を見ると表札があり名前が書いてある。グリーンの物干し竿が庭にある。洗濯物を干している人が現にそこにいる。ここは観光地ではなく、生身の生活の場なのだ。
その後、教授連中と無神経な学生は1時間ほど内部を散策したらしいが、私を含む同級生十数人は嫌悪感にうちひしがれ、合掌造りの家々を見ることはなく、川っぷちにたたずみ石を投げて時間をつぶした。

本当に覗かれることに人は耐えることができるのか?覗き見てしまったことに対して自己嫌悪におちいったりしないのか?モラルうんぬんの前に、自分の心に改めて問いただしてみてほしい。

追記:石見銀山も大変らしいね