アンサンブルできてない日本の音楽

「何で音楽が、とりわけCDが売れていないのか。自分はどうなんだろう?ああ、CD買ってない、なぜだ?」音楽業界不振のニュースに触れる折、いつも自問自答しています。
よく言われるのが

  • インターネット普及説
  • 不況説

の2つだと思います。
「不況でCD買う金がない上に、ネットでダウンロードできる」くっつけるとこうなります。

日野元彦は「おまえらはアンサンブルできてないんだから。勉強しなきゃいけない」と言った - ほぼ週刊イケヤ新聞ブログ版

この記事を見て、思うところがあったので書き留めます。
自分もインターネットの「せい」でCDを買う量が減りました。でもインターネットの発達により、国内外の一流の楽曲や演奏に触れる機会が莫大に増えました。Youtubeではマイルス、コルトレーンカウント・ベイシーが演奏している姿さえ見ることができます。
巷にあふれかえった耳の肥えた聴衆は、さてどう変化したのだろうと。自分の中の答えが出ました。


売れ線を狙った小手先の手段には、もうだまされないぞ!


売れるために作られたキャッチーなメロディや工夫のないコード進行にうんざりしていることに気づきました。もっとミュージシャン同士のやりあい話し合いから生まれた、生々しい音楽を求めているのです。


またYoutubeで何ですが、若手ロックバンドのライブハウスでのプレイもいろいろ拝見しました。自分の好きなジャンルとは畑違いですが、練りに練られたアンサンブルにグイグイ引き込まれました。彼らがまだ有名になっていなかったりセールスを上げていないだけで、素晴らしいバンドがたくさんあることを教えてくれました。いつかトップシーンで、たくさんの聴衆の前でバンバン演奏できる日が来ると思います。それまで音楽シーンの火を絶やさないようにしたいものです。