読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スイングジャーナル亡き後のジャズ雑誌

JAZZ JAPAN Vol.3 [雑誌]

JAZZ JAPAN Vol.3 [雑誌]

ジャズ批評 2010年 11月号 [雑誌]

ジャズ批評 2010年 11月号 [雑誌]

スイングジャーナルという王道ジャズ雑誌が抜けて、はてさて自分はこれからどうやって情報を仕入れようかと悶々と考え中。
(候補1)スイングジャーナルの後釜として立ち上がった勇者たちによる新進気鋭「Jazz Japan」
(候補2)老舗であり硬派路線の「ジャズ批評」
自分の中ではこの2誌にしぼられたわけで。演奏しないで聴くだけだから。
「Jazz Japan」も創刊3号を重ね(毎月出すのがすごいよね)、路線が見えてきました。
スイングジャーナル)−(昔は良かったね)=Jazz Japan(間違ってたらごめんね)
フレッシュで現在進行中のジャズを追っかける、野心的で気概あふれる雑誌というキャラクタ。すごいね。
今月は新譜CDを買う余裕がないので、過去のCDを掘り下げている「ジャズ批評」のほうを買いました。「20世紀CDコレクション」特集を読んで、手持ちのCDを再認識しようかと。

内容やカタログしだいでどちらを読むか今後も悩むことになりそう。両方とも良雑誌であることには違いはありません。