読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"自分の小さな「箱」から脱出する方法"を読んだ

自分の小さな「箱」から脱出する方法

自分の小さな「箱」から脱出する方法

  • 作者: アービンジャーインスティチュート,金森重樹,冨永星
  • 出版社/メーカー: 大和書房
  • 発売日: 2006/10/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 156人 クリック: 3,495回
  • この商品を含むブログ (419件) を見る
はてな界隈で話題になっていたので読みました。
今までになかった人間関係論です。読んだ内容を要約したり説明するのがむずか
しく、詳しくは実際に読んで欲しいといったところです。


人と距離を置いたり近づきがたい時の表現として、よく「壁を作る」「殻に閉じ
こもる」という言葉を使います。
これに当るものを「箱」とすることで、出入りが簡単にできるものであることを
表現しています。


まず、自分からガードを下げて「箱」から出ること、それによって相手もガード
を下げて「箱」から出てもらうこと、お互い「箱」から出ることでスムーズな人
間関係とコミュニケーションを構築すること。これが本書の柱だと思います(解
釈むずかしいんで間違ってたらゴメン)。
むろん、相手が「箱」の中に入ったままでコミュニケーションが取りづらい場合
の対処法も書かれています。人間不信で人間嫌いの自分にはグサグサ来る、痛い
本でした。
もっとも、逆用すれば、嫌な人を遠ざける見事なガードも作ることができる、と
も言えます。

時々読み返して、確認や練習をしていくことが大事であることは断言できます。
オススメの本です。