読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

盗聴/真保裕一

盗聴 (講談社文庫)

盗聴 (講談社文庫)

真保裕一さんの短編集。この作品以前の長編小説はだいたい読みました。
いつも船戸作品で文庫1ヶ月かかる自分(真保作品もだけど)が2日くらいで読めました。むずかしい土地や場面、専門的な職業等がないのも読みやすさのポイントです。


全編に共通するのは誰が被害者で誰が加害者か分からない状況でスタートするところ。長編だとどうしても探偵役が出てきますが、短編ならではとも言えます。
ドラマ「相棒」とかが好きな人にいいかもしれません。