読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「叩き」続けると「叩かれる」ことに怖くなる

雑感

せっかくはてなダイアリープラスを使っているのに最近書いてません。ここ2,3日ツイッターに思ったようなことを書けてません。はてブも自粛気味かな。


自分を表現することに怖くなったんですここ数日。バッハーの旋律を夜に聴いたせいではないんです。「こう言いたいけど、それを言ったらこう叩かれるんじゃないか」「逆にこういう言い方をしたら?いや、それをしたらこう取られる」とか頭の中がぐるぐる悪循環で、筆が進まないというか、キーボードがたたけなくなったんです。叩かれることに怖くなったんです。急性の恐怖症みたいなもの。


で、なんでそんな症状になったか思い返すと、9月にいろいろアンチ活動やバッシング活動をしていたことが原因みたいで。
叩けば叩くほど叩く側の心理が理解でき身についてきて、いざ自分が表現したり行動したりする時に、自分への突っ込みどころや叩かれると痛いところがよく見えるようになってきたんです。すると「あー、これはいかん。これは書くのをやめておこう」と表現の自粛をすることが多くなり、どんどん自己表現に自信がなくなってしまいました。


みなさん、そんな経験ありませんか?