読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

柴田淳2011コンサートツアーin札幌 レポート

音楽

僕たちの未来【初回限定盤】(CD+DVD)

僕たちの未来【初回限定盤】(CD+DVD)

"JUN SHIBATA 10th ANNIVERSARY TOUR 2011 月夜PARTY SPECIAL - 10周年だよ、いらっしゃ〜い -"(長い)の札幌公演に行ってきました。


柴田淳(以下、しばじゅん)にとって初の北海道ワンマンライブということで、やっと生のしばじゅんの歌を聴くことができました。北海道のファンの悲願成就。
しばじゅん自身も道産子ハーフであり、北海道にラジオ番組を持っていたこともあって、意義深いコンサートでした。


以下、公演内容です。ほぼ予習していたとおり。

                                                                                                                    • -

セットリスト
18時09分開演
1.幻(わたし)
2.おかえりなさい。(わたし)
3.空の色(しば裏)
4.涙ごはん(月夜の雨)
5.ほんのちょっと(オールトの雲
〜メンバー紹介〜


〜ここからメドレー〜
6.青の時間(月夜の雨)
7.救世主(ゴーストライター
8.この世の果て(僕たちの未来)
9.虹(ひとり)
〜ここまでメドレー〜


バックバンドの演奏&お色直し


10.月光浴(ため息)


MC


11.おやすみなさい。またあとで…(僕たちの未来)
12.ハーブティー(僕たちの未来)


MC(震災と愛犬の死)


13.君へ(親愛なる君へ)
14.雨(ゴーストライター
15.マナー(僕たちの未来)
19時45分本編終了


アンコール
リクエストコーナー
<アカペラ>
ぼくの味方(ワンコーラス)
Orion(中島美嘉、サビ)
卒業写真(松任谷由実、ワンコーラス)
椿(ワンコーラス)
未成年(ワンコーラス)
聖母達のララバイ(岩崎宏美、ワンコーラス)


ヘビーローテーションは少し歌いかけて却下


<弾き語り>
うたかた。
<アンコール>
桜日和
<おまけ>
公演終了のアナウンス(カミカミ)


20時30分終了

                                                                                                                  • -


コンサートが行われた道新ホールは、全700席というツアー最小のホールでした。アットホームと言っていただいたことに感謝。PA機材をどこに置くのかと思ったら、最後列にありました。ごく通常の大ホールの後ろ半分を切り落とし、横にぎゅっと圧縮したような会場です。どこに座っても近い。


で、生しばじゅんの歌はいい意味でCDそのまま。本当にその通りに歌うのでうっとりしたりぼーっとしたり気を抜いたり夢の中みたいになったり…。現実忘れることができました。


バックバンドの演奏もGOOD!です。
公式サイトから引用してメンバー紹介。
Welcome to shibatajun.com
南かおりさん(Va&Key)、伊藤彩さん(Vn)、石川智さん(Dr&Per)、青柳誠さん(Pf、Key、Sax&Arrange)、伊藤ハルトシさん(Gt&Vc)、グレッグ・リーさん(B)


アレンジも原曲を生かしつつ、アコースティックな曲はよりクラシカルまたはジャジーになり、ロック色の強い曲はよりハードに変化。バンマスの青柳さんのカラーがよく出ていました。


で、青柳さんがEQのメンバーだったことを今さら知ってとても恥ずかしい自分。EQのCD2枚買って聴いてますし、レビュー記事も書いたことがあります→The Earth Quartet/EQ
失礼しました。EQも是非お聞きください。

The Earth Quartet

The Earth Quartet