読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつ病にとっての「頑張る・耐える・我慢する」を考える

雑感

あけましておめでとうございます。年頭の挨拶として、、、


うつ病になった人がこういう経過をたどっているという、その道中を見ていただきたくペンを取りました。
自分のうつ病は昨今ブームの「うつ症状」「うつ状態」のハードルを越える真の「うつ病」でした。
休職中初期の食事はスプーンでおかゆを食べる程度。この程度のことしか出来ません。
病気から立ち直っていく課程で思ったことをまとめておきたいと思います。

タイトルに書いた「頑張る・耐える・我慢する」は、「そうやったらうつ病になるよ!」と「それを一つ一つクリアできれば直るよ!」という背中合わせの言葉です。
職場で、頑張り耐え我慢したことで正常な脳の機能が損なわれ、うつ病が発症しました。頑張って生きてきた人間が頑張れなくなる病気です。今までの自信やステータスは一気に崩れ去ります。


うつ病を治す為には、今まで使ってきた武器である「頑張る・耐える・我慢する」を捨て去ることから始まります。
だから社会生活から離れ休養するんです。「だる〜い、つかれた、もうやめよう」っていう人を置いてくれる職場はほとんどないでしょう。


うつ病から社会復帰するためのステップは、単純に言えばこの逆パターンでの行動を行うことです。
自分の中でステータス0な状態から、自分で出来る、無理のない範囲の「頑張る・耐える・我慢する」を少しずつこなし”成功体験”を積み重ねることで、なくした自信やステータスを取り戻すのです。例えば、しんどいけど自転車に乗って街まで行ってみる、図書館に行って読書する、前は100ページ読むのもしんどかったけど、200ページ読めた!とか、家のちょっとした掃除をした、おいしい晩ご飯が作れた、とか…。もっと些細すぎるくらい細かいことでも、実行できて、やったー\(^O^)/と思える体験を積み重ねることで"成功体験"を増やし"自信"を取り戻すのです。
しんどい時や頭の中がぐちゃぐちゃなときは思い切って休みましょう!後から考えるとろくでもないアイディアや正常でない考えだったことが多いです。


達成できなかった時の落ち込みもものすごいものがありますがorz



<<私は医師でもカウンセラーでもありません。意見には個人差があります>>