英語リスニング理論が見当たらないこと

どうも。10月の英検準1級試験で見事に敗れ去りました。しかも、前回の試験より点数が落ちて。
前回はリスニングが全く聞き取れなくて途中で捨てましたが、それよりも点数が下がったのです。
単語は聞き取れたつもりだったのに…。


自分が過去どれだけ英語劣等生だったかについてはいつぞやの回に任せて、勉強していく中で気づいたことを書きます*1


英語を勉強する上で、学習者が絶対やってはいけないこと、それは
英文の意味をでっち上げる
ことです。


そこで問題なのはリスニングです。お題の通り、英語リスニングの理論が見当たらないのです。


もし語彙力がなかったとしたら、単語集を用意して暗記するという方法があります。
もし文章を読んで意味をでっち上げそうになれば、リーディング理論書を読んで、自分の誤訳を正すことができます*2
文法通り読んでいるか、文章の構造通り読んでいるかどうかです。


でも、リスニングの理論ってありますか?先生からリスニングの理論を教わったことがありますか?リスニングに文法を持ち込んだものを見たことがありますか?
リスニング関連の本の謳い文句は下記のようなものしかありません。


例として一冊。

Amazon.co.jp: CD付 究極の英語リスニング Vol.1 ― SVL 1000語レベルで1万語[最初の1000語] (究極シリーズ): 英語出版編集部: 本

リスニングが苦手と感じる理由として、以下のようなことがよく挙げられます。
(1)使われる語句が難しい
(2)早口すぎる
(3)どこを聞き取ればいいのか分からない
(4)内容に興味を持てない
本書では、これらの悩みをすべて解決します!

(1)使われている語はSVL*1の最初の1000語のみ*2。この1000語は、英語の基礎を成す必須単語で、どのような英文にも登場する基本単語ばかり。知っている単語ばかりだからこそ、聞き取りに集中できます。
(2)100WPM(1分間に100語)程度のゆっくりスピードから、180WPM以上のナチュラル・スピードまで、さまざまな速さの英文を収録しました。ゆっくりスピードから取り組めます。
(3)英文は、100語前後から600語以上のものまで計50本。長さに関わらず、それぞれ3つずつ質問をご用意しました。聞き取りポイントが一目瞭然です。
(4)日常会話や旅行会話、観光地の説明や物語など、さまざまな内容の英文を聞きます。次はどんな話が飛び出すか、ドキドキしながらCDを聞くのも一興ですよ。

リスニング関連の本は

  • スピードに慣れる
  • 発音を聞き取る
  • 会話の内容を知る

といったものばかりです。



しかしどうでしょう。英単語を全て聞き取れて、かつその単語の意味を全て知っていたとします。
でも、文の構造を把握できなかったら意味不明です。ちんぷんかんぷんです。それどころか、勝手に日本語訳の文章を作ったら始末に終えません。



リーディング理論に匹敵するリスニング理論は存在しないのでしょうか?


ざっくりした例えとして

「述語動詞が出てきたので、このあとは述語動詞はありません。主語は○○で、このあと動詞が出てきたとしても準動詞です。このあとには副詞や副詞句、副詞節が来る可能性があるので注意して聞きましょう」
「最初に動詞が出てきましたが、この動詞は現在分詞なので分詞構文です。このあと出てくる意味上の主語と述語動詞に注意して聞き取ってください」

といったものは無いのでしょうか?


「お前さんの聞き取った日本語訳だと、文法的にそうはならないはずだぜ?おととい来やがれ!」と
完膚なきまでに論破してフルボッコにしてくれるリスニング理論や理論書は無いのでしょうか?


あればぜひ教えてください。



英語リーディングの秘密

英語リーディングの秘密

英語リーディングの真実―続・英語リーディングの秘密

英語リーディングの真実―続・英語リーディングの秘密

思考力をみがく 英文精読講義

思考力をみがく 英文精読講義

*1:偉そうなこと書いてますが、実力不足と言われるとぐうの音も出ません

*2:薬袋善郎先生提唱のF.O.R.理論(英語リーディングの秘密)とか