読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Windows8のインストールに失敗したときに対処した方法メモ

Windows7がいろいろエラーを吐くようになったので、Windows8へのアップグレードインストールに踏み切りました。
しばらくクリーンインストールすらやってなかったから、設定やらレジストリやらアンインストールの残骸やらでシッチャカメッチャカになっていたと思います。


本題。
Windows8をインストールしている最中に何度か再起動するのですが、再起動に失敗してうんともすんとも言わない状態になりました。ここで仕方なくリセットボタンを押すと、「Windows8のインストールに失敗しました。」というメッセージが出てWindows7ロールバックしてくれます。システムの復元をしてくれます。ありがたい。


それでもせっかく買ったんだから使わないわけにはいかないので、いろいろ対処しました。うまいことインストールされました。
やったことは、とにかくハードウェアやデバイスと親密な関係にあるソフトの削除です。でも、デバイスドライバとかグラフィックドライバとかWindowsの支配下にあるソフトの削除はしなくてもOKでした。



削除したソフト
・マッハドライブ(I-O DATA謹製、メモリ上にディスクバッファを作ってくれるソフト)
・RamPhantomEX(I-O DATA謹製、RAMディスクソフト)
・VirtualCloneDrive(CD・DVDのディスクイメージを仮想ドライブにマウントできるソフト)


これでインストールに成功しました。これで失敗したら、もっとハードウェアがらみのソフトをアンインストールする予定でしたが、何とかなって一安心です。ちなみに、Windows8を入れてから上記のソフトを再度インストールするときちんと動いてくれています。


フォント絡みがまだ気に食わないので、今後ごにょごにょやってみます。

Diskeeper 12 + マッハドライブ SSD覚醒パック3

Diskeeper 12 + マッハドライブ SSD覚醒パック3