読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「将棋の子」を読んで

読書

将棋の子 (講談社文庫)

将棋の子 (講談社文庫)

聖の青春 (講談社文庫)

聖の青春 (講談社文庫)

「将棋の子」と「聖の青春」を読んだ。ともに大崎善生著。出版されたのは「聖の青春」のほうが早いけど、自分は「将棋の子」を先に読んだので、まずはその「将棋の子」の感想から。どちらも将棋を題材にした実話・ノンフィクション。将棋ファンは避けて通れない必読書なのに、今さらながらに読んだのをすごく申し訳なく思っている。あらすじや感想は先人がたくさん残しているので、そちらも参考に。

舞台は将棋のプロ養成機関である「奨励会」。将棋は四段からプロになれるのだけど、一期につき2人、年4人しかなれない仕組みになっている。また26歳までに四段に上がれないと奨励会を退会しなければならない。つまり、プロへの道を閉ざされる(外される)ことになる。
この年齢制限には賛否両論あるけれど、自分は年齢制限は仕方ないと思っている派で、「将棋の子」を読んでさらにその思いを強くした。今でこそ高校大学に通いながらプロ棋士になる者も多くいるが、将棋のプロになるんだ!と決めて学校に行かない、将棋に人生すべてをかけるという選択をする者もいる。いざプロからの道から外れるというときに、社会復帰が困難になる。「将棋の子」の主人公的元奨励会員も、世間知らずのためかハチャメチャな人生を送ることになる。

ただこの本を読んで思ったのは、人生はあっさり転落することもあるだろうけど、意外とそこから復活することもあるんじゃないか?ということだ。
先に上げた元奨励会員も、パチンコ屋勤めを追われ借金を負い音信不通になり、住み込みの古紙回収業に携わるが、最終的には指導棋士という安定した職業に就いた。また別の元奨励会員は、世界を放浪したあげくアマゾンの奥地でボランティア活動に携わりながら世界将棋選手権で優勝。それでもまだ現地にいるらしい。

人生って、どこでどうなるか、ホントさっぱりわからない。

そしてその後「聖の青春」を読んで、また別の人生観を持ってしまったんだけど、それはまた別の機会に書く。