読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋の入りやすさと囲碁の奥深さ。そこから見える普及について。

雑感

ニコニコ生放送で将棋のタイトル戦を見る常連になっています。将棋はみんなであれこれ指し手を予想しながらワイワイ楽しめるのがいいですよね。棋士の皆さんの解説のわかりやすさや楽しさも魅力です。
将棋は小学生から学校でやっていたこともあり棋歴が長いですが、囲碁は大人になってから覚えたので、どうしても感覚的にどの手がいい手なのか全くわかりません。


囲碁のタイトル戦も以前はニコ生で中継されてましたが、その頃に比べて解説の密度が減って魅力がなくなりました。囲碁の方が手が広いので、なぜそこに着手したかが、私のような初級者にはさっぱりわかりません。NHK囲碁講座を見ても、なぜそれがいい手だったのかを説明するのに、10手から20手進めないと結論が見えません。


囲碁中継も上級者に教えてもらいながらワイワイ観戦したいのですが、なかなかそのレベルまで観戦環境が充実してません。ニコ生囲碁も、以前のようにプロ棋士の解説を聞きながら、コメントの意見を聞きながらワイワイと観戦したいです。


ニコ生将棋は電王戦のこともあって、常時10万人以上の観客を集める一大コンテンツになっていて、今まで将棋を指したことがなかった人もたくさん観戦に来ていて非常に盛り上がっています。


囲碁の環境がクソだというと極論過ぎます。自分も囲碁ファンで、高度な対局をプロ目線の高度な解説付きで観戦したいです。
今後のニコ生囲碁の環境改善、初心者と初級者へのフォローアップを期待したいところです。


いちばんの懸念は、囲碁人口が減って、新聞社主催の棋戦がなくなってしまうことです。
初心者でも初級者でもかまいません。今まで囲碁にノータッチだった人でも構いません。囲碁人口を増やして、若いライト層の囲碁ファンを増やして、これから20年30年と囲碁界が盛り上がることを願っています。


個人的には、充実した囲碁環境がないと囲碁上達のスピードが悲しいほどスローです。プロ棋士の先生のこれからも普及活動にかかっていますが、「囲碁ってみんなで見てても楽しい競技ですね」「ルール知らないけど、見てるだけで楽しい」そういった環境になってほしいです。
これからの囲碁プロ棋士と上級者の啓蒙活動に期待しています。


※あー、今日もまた9子局なのに大石をがっつり取られたよ。うまくなりたいなあ

はじめて打つ碁

はじめて打つ碁

おぼえたての碁―はじめたばかりの碁がたちまち強くなる

おぼえたての碁―はじめたばかりの碁がたちまち強くなる