「戦争法案絶対反対」「安倍はやめろ」のスローガンがむなしく響いた件

あまり政治的な話はしたくないんだけど、感じたことを短めに。

昨日はニコ生で夜遅くまで国会前の反対派のデモ集会を見ていた。

出てくるスローガンの大半が「安倍はやめろ」と「戦争法案絶対反対」だった。

 

まず彼らの言う「安倍はやめろ」という主張が通ったとする。仮に自民党総裁が変わって安倍氏以外の政権が樹立したとしても、集団的自衛権の問題は消えず、法案成立まで議論は続くだろう。万万が一民主党などの野党が政権を奪還したとしても、「民主党集団的自衛権に賛成していたじゃないか」という過去が露呈していたので、安倍政権を倒してもこの問題は簡単に解決しなかっただろう。

 

次に「戦争法案絶対反対」という言葉。この法案を「戦争法案」とレッテルを貼ることで覆そうというのはいささか説得力に欠ける。日本以外の国と連携してこの国の安全保障を高めるための法律は、今後どのような形であれ必要となってくるであろう。

 

反対派がデモのスローガンとして「安倍はやめろ」と「戦争法案絶対反対」の2つのスローガンを主軸として論陣を張ったのは戦略的に失敗だった。この言葉に対する反論や論破は非常にたやすい。「憲法違反の疑いがある新しい安全保障法案を使わなくても、国の安全保障が高められる方法が別にある」という点をわかりやすい言葉にしてスローガンに掲げれば、もっと賛成派を切り崩せたと思う。

 

(追記)もしこのプロセスが「安倍政権の独裁」だったとすれば、他の自民党員からはもっと根強い反発があったと思う。自民党内にも百戦錬磨の政治家が揃っている。彼らが後押ししている以上、独裁によって決まったこととは到底思えない。