読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紫綬褒章受章記念、オススメの志の輔らくご

先日、立川志の輔師匠が紫綬褒章を受章されました。おめでとうございます!

私は約20年前の学生の頃富山に住んでおりました。当時、富山駅前のデパートにあるホールでは毎月の月末金曜日に志の輔らくごの独演会が定例で開かれており、前売り2000円で志の輔らくごを楽しめた贅沢な時代でした。もっと贅沢なことに当日券が出ている場合もあって、その日行きたいなあと急に思いついてもフラッと見に行くことができたのです。チケットが最も入手困難な落語家であると言われるようになった現在では信じられない贅沢な環境でした。もっとも、その頃から落語のクオリティ非常に高かったです。

 そんな中、私が生で見たりCDで聞いたりした作品の中からオススメを紹介したいと思います。

 

『宿屋の仇討』

これは長らくCDで聞いてお気に入りだった作品です。武士が宿屋の主人を呼び出す所が特に好き。最近になってやっと映像で見ることができました。動きつきだとさらに面白いです。

www.youtube.com

志の輔らくご 両耳のやけど2

志の輔らくご 両耳のやけど2

 

 

みどりの窓口

志の輔師匠作の創作落語。生で少なくとも2回は見たかなあ。駅員の端末操作の手つきがお見事でした。ストーリーも序盤中盤終盤隙がありません。


立川志の輔 「みどりの窓口」 - YouTube

 

 

『歓喜の歌』

後に映画化・ドラマ化もされた代表作です。私は初出である「志の輔らくご in PARCO vol.9」の札幌公演で生で拝見しました。ラストに大仕掛けがあって、図らずも号泣してしまいました(T_T)。


立川志の輔 「歓喜の歌」 - YouTube

志の輔らくごのおもちかえりDVD 1 「歓喜の歌2007」

志の輔らくごのおもちかえりDVD 1 「歓喜の歌2007」

 

 

 

『浜野矩随』『抜け雀』 

志の輔師匠のこういったコツコツとした職人仕事を描いた作品は一級品。『浜野矩随』のノミ使い、『抜け雀』の筆遣いは今でも目に浮かびます。毎日まじめにコツコツと仕事をしなきゃならんなあと考えさせられます。


立川志の輔 「浜野矩随 」 - YouTube


立川志の輔 「抜け雀」 - YouTube

 

 

『芝浜』『鼠穴』

コツコツ商売しましょう。コツコツ仕事をするといいことありますよ、という噺の巧さも志の輔師匠の良さ。『唐茄子屋政談』『蜆売り』も真面目な労働者を礼賛した、志の輔師匠らしい仕上がりになっています。

残念ながら『芝浜』の動画はないようですが、これを富山で生で聞いた時には、初めて落語で号泣しました。

江戸の世から現代からSFの世界まで、しんみりする噺から爆笑できる噺まで、と落語ができる守備範囲はとても広いです。


立川志の輔「鼠穴」 - YouTube

 


落語 立川志の輔 唐茄子屋 - YouTube

 


立川志の輔 「蜆売り」 - YouTube

志の輔らくご 両耳のやけど6

志の輔らくご 両耳のやけど6

 
志の輔らくご 両耳のやけど5

志の輔らくご 両耳のやけど5

 

 

 「志の輔らくご」は、古典落語を現代に生きる人にもわかりやすいようにアレンジし、演じられています。最初は作業用BGMとしてでもいいので、これをきっかけに聞き始める方が増えてくださることを願います。