提案型の質疑をできない野党の無策ぶりに呆れる

参議院インターネット審議中継

 

2017年3月27日の参議院予算委員会の模様をニコニコ生放送で見ていた。見ていたのは午後の途中から予算委員会の採決までである。

この日の予算委員会では予算案の採決が行われることになっていた。

某籠池問題にウンザリしていて、国会での建設的な議論を期待していた私は、久しぶりにニコニコ生放送で委員会の模様をリアルタイムで視聴していた。予算案採決最終日の予算委である。いくら野党でも社会問題になっている各事案や、自民党与党案での不備に対する鋭いツッコみがあるのではと野党に期待していた。

しかし、蓋を開けてみればどうであろう。期待していた質疑は何もない。ほとほと野党の議員には失望した。

日本維新の会も野党でしたっけ?ならばこの日の維新の会はここで言う『野党』から除外したい)

--

私が見始めた時間帯には民進党の白議員が質問に立っていた。最初から最後まで籠池問題に終始していた。腐っても民進党は野党第1党であり、その分質問時間も手厚く割り当てられていた。

しかし、質疑の流れはこうであった。

白議員が質問する→首相を始め大臣や各省庁の事務方が説明する→それを聞いてなかったような同様の質問を白議員が再度行う

 の堂々めぐりであった。これでは疑問が深まらない。いたずらに時間を使うばかりで、国や国民にとって他に優先すべき政治問題はそっちのけである。見ている有権者としてこれほど白けるものはない。

--

次に質問に立ったのは、公明党の佐々木議員である。

主な質問内容としては、アダルトビデオに出演が強要される女性の被害についてであり、これは政府としても対応すべき問題である、と政府与党を追及した。この女性の人権被害については文章にするのがためらわれるほどむごいものである。なるほどこれは切実な問題で、国として重い腰を上げて一刻も早く解決すべきである問題である。また、このような社会問題を深く知らない国民に、国民それぞれの家族が巻き込まれてもおかしくない問題として深く考えさせたという点で意義のある質問であった。

--

続いての質問は、共産党の辰巳議員。質問は籠池問題である。

質問内容も、国民生活を向上させるようなものは一切感じられない。聞くだけ無駄であった。

まさに首相ないし大臣を辞任させるための質問であり、今国会で質問すべき内容としては皆無に等しい。

--

そして日本維新の会の浅田議員。

日本の製造業としての二輪車が置かれている現状がパネルを使ってわかりやすく説明されていた。日本にとって二輪車の製造は世界に誇る産業である。特に東南アジアを中心に日本の二輪車は愛用され、「ホンダ」という単語が二輪車を指すほどである。安倍首相もアジアの人が「ヤマハのホンダを買った」とヤマハ二輪車がそう呼ばれている例をユーモラスに提示した。しかし二輪車は日本の少子高齢化も相まって、製造台数が減少傾向にあると浅田議員は指摘した。浅田議員は国内の二輪車振興策をなんとか打ち出せないかと真剣に提言しており、それに対して政府も協力姿勢を示していた。

--

次は「メロリンキュー」こと山本太郎議員(自由・社民)。はいはい籠池問題ですね。特筆すべきことがないほど中身なし。

--

以上、説明が拙くて申し訳ないのだが、私が見ていた審議の中で、国政のために質問の壇上に立ったのは、公明党日本維新の会だけである。この2党は建設的な議論を積み上げ、国民に考えさせるテーマを提示していた。

 

私の政治信条が「右寄り」なのか「左寄り」ということを差し置いても、各党のスタンス、とりわけ民主・社民・共産の各党の質疑のあり方について「問題が大ありである」というただ1点を書きたくて、ここまで筆を進めてきた。それは私が見る限り

民主・社民・共産は今国会で意義深いことは何もしていない

ということである。

次回選挙が参議院選挙になるのか総選挙になるのかどこかの選挙区の補欠選挙になるかはわからない。しかし、選挙戦を戦うに当たって

「今国会ではこのような実績を上げました。このことに関してはどの与党や各党よりもすばらしい業績を上げたという自負があります。」

と胸を張って言える点が今のところ見当たらないのである。こんな政党に対して果たしてあなたは票を入れたくなるであろうか?

支持率が上がらない(私に言わせればうだつが上がらない)政党はこのことに尽きると思う。国会で建設的な議論をして国民を唸らせることができれば自ずとその党には票を入れたくなるし、自然と支持率も上昇傾向に転じるはずである。(その点、外務委員会での民進党原口議員の質疑は見事であり、ニコ生でも拍手が湧き上がった)

うだつの上がらない野党だらけでは、与党のひとり勝ちになるのは地球が自転していることよりも明白である。

票が取れる、票が稼げる、国民が票を入れたくなる野党を一刻も早く作ってほしい。

 

 (※政治案件はフォロワーなどとの摩擦につながるのでできればやりたくないのだが、今回は怒りがたまったのであえて書かせていただきました。長文失礼しました)